ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
ちいさいひと ひとり
 



             うしろすがた

        てのひら

        ちいさくて

        どきどきする


        
        あめのひのどきどきは

        わたしだけのもの



        ひとりよがりなかんかく


        ちいさいひと  ひとり


        こーひーをのみます

        あたたかいです


        あの くもやそらの  ほら  あのへんだよ

        あの はなたちのねっこがつらなったところ


        わたしのあたまが そうぞうするもの

        すべて うそでも ほんとでもない



        わたしのうえから

        わたしのしたまで

        ぜんぶたしても かなわない

        そんな ちからを かんじます

        
        つよくて たくましくて すばらしいもの

        やさしくて せんれんされた すばらしいもの



        ああ  なんて

        ながい いちにちだろう



        まるいな  みずたまり

        ふかくみずがはっていた

        とても うつくしい



        わたしは あまりかしこくない


        だからおそらく  ゆめをみがちで

        だからおそらく  わすれられない


        なにをしても

        どこにいても

        おもいだすことや

        おもいだすひとを

        なんとなくすきでいたい


        そしてそれをしんじていこうと

        そんなふうに おもいました


        
        きょう あした あさって
    
        もっと うんと ずっとさきまで

akairo 20:28 comments(0)