ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
あいしあうように
 


         アイ アム ダリネ ネイチャー フューチャー



         ユー アー ハワイナ ライク ミー フューチャー


         
         なにかがわたしのこころをうごかす


         わたしがあなたのおもいをくみとる


         せけんがあなたのゆめをはばかる


         そのときわたしがあなたをまもりたい



 
         そうさせてね  ぜひ







         アイ アム ダリネ  ルック ユア フューチャー

         

         おもいえがくままに ぬりかえてしまうのよ



         ユー アー ハワイナ  リッスン マイ フューチャー



         ワンダフルラバー アゲイン



         せかいをかえるのは あいしあう こいびとたち




         
         
- 19:38 comments(0)
my territory
 



        もらいもののバックパック


        大事なものだけギュンギュンにつめこんだ



        あなたに両手を捧げて

        トロントロンとあるいてゆこうと

        決めた


        いつも勇気をくれてありがとう


        あなたがいると

        なにもかもが素敵です



        変なポーズでごまかしてしまうけどね


        なんだか 大好きが溢れているようです

pink! 21:26 comments(0)
いつか訪れる
 



           たまにはおかしな日があってもいい


           1日ぐらい

           わたしのために全世界の時間が止まったっていい


 
           流れるような


           すべりおちるような



           今日
  そして

           いまよりもっと早いスピードで訪れる

           これから
image 21:21 comments(0)
go green
 



      深い緑に           愛をかんじる

    
    澄み渡る空に       愛をかんじる


    殺風景な部屋に      愛をかんじる

    
    近くで鳴いている猫に  愛をかんじる




    いつか  いつか


    死んでもいいよと思えるほどの 深い愛情と

    生きる喜びを思えるほどの    強い愛情を

    心の底から かんじていたい
image 21:07 comments(0)
ねえね
 



          これからさ

          いつまで一緒にいて

          いつから離れ離れになってしまうのかな
         



          知らないうちに

          気付かないうちに


          わたしたち

          もう会えないひとになるのかな





          

          大切なひとたちの 手の温もりを拒み

          やさしい言葉にも無関心になっていった


          当たり前のように毎朝キスをして

          当たり前のように毎晩キスをしていた






          そんな悪い時間がつづいて


          ねえ、 
         
          いつからチグハグになってったんだっけ






          そんなことばかり考えて

          
          食べることも寝ることも恋をすることも


          なにもかも忘れてしまうのかな





          今日 わたしを取り巻く ちいさい世界

          こんなわたしで  ごめんなさい
purple 20:45 comments(0)
ちいさいひと ひとり
 



             うしろすがた

        てのひら

        ちいさくて

        どきどきする


        
        あめのひのどきどきは

        わたしだけのもの



        ひとりよがりなかんかく


        ちいさいひと  ひとり


        こーひーをのみます

        あたたかいです


        あの くもやそらの  ほら  あのへんだよ

        あの はなたちのねっこがつらなったところ


        わたしのあたまが そうぞうするもの

        すべて うそでも ほんとでもない



        わたしのうえから

        わたしのしたまで

        ぜんぶたしても かなわない

        そんな ちからを かんじます

        
        つよくて たくましくて すばらしいもの

        やさしくて せんれんされた すばらしいもの



        ああ  なんて

        ながい いちにちだろう



        まるいな  みずたまり

        ふかくみずがはっていた

        とても うつくしい



        わたしは あまりかしこくない


        だからおそらく  ゆめをみがちで

        だからおそらく  わすれられない


        なにをしても

        どこにいても

        おもいだすことや

        おもいだすひとを

        なんとなくすきでいたい


        そしてそれをしんじていこうと

        そんなふうに おもいました


        
        きょう あした あさって
    
        もっと うんと ずっとさきまで

akairo 20:28 comments(0)
ワンダフルラバー
 



         すきなものを書き出す   くせ

         よろよろと歩く        くせ

         小高い所に登る       くせ


               わたしはまだ あの日盗まれていった黄色い自転車を

         あてもなく探し続けている



         遠くをみつめて 想うこと

         気が付けば日が暮れているほど

         たくさんの日常が たくさんの感情が

         増えていったり

         なくなってしまったり


 
         そんな毎日を思い返す   くせ



         なくしたものを探し続け

         気付けばいつも

         なにかに囚われているようだね


         わたしのなかで動き出す時間が

         とてもゆっくり おだやかである



         タバコの煙をよけて歩く   くせ

         その煙 追い払ってくれるのは

         あなたのくせ

         
         思い返し 泣くのは わたし



         すれちがった 黄色い自転車

         ハッとして あわてて焦点を合わせた



         ゴトンゴトーン ゆれる電車

         あいもかわらず わたしはぼんやりで

         

         なにも変わっていない


         

         探しているものは   なんだろう

         いつもわからなくなるんだ


         
         そんなくりかえしくりかえしの積み重ねで


         あなたの影を

         今日もすこし 気にかけている


         またとない この瞬間

         あなたに会えて  ほんとによかった
midori 20:05 comments(0)
フラミンゴと月の法則
 

     知ってる?

     わたしはもう あのままではないの


     あなたの知らない人を想い始めたから


     おはよう ハチミツ
     焼きたてのパン

     ぐっもーにん

     わたしの1日が始まる


     あなたの知らない人をキスで起こして

     あなたの知らない人とコーヒーを飲む

     あなたの知らないわたしの得意料理をふるまえば

     この空間を邪魔する人なんてひとりもいない


     あなたを忘れると決めた すこし遅い朝


     そしてわたしは もうひとねむり








     ハロー 妖精さん

     そうやっていつも
     わたしはすくいあげられるんだ


     やぁ と言う

     ねぼけまなこでキスをする


     ぬるい空気と微炭酸で
     ピリリと目覚める 夢のあと



     春先のワンピースを揺らす

     あなたの知らない人と雑誌をひらく

     新しい服を着るの

     新しい靴をはくの

     今日のわたし  かわいいって言う人

     わたしは嬉しくて
   
     また キスをする




     あなたの知らない人と街を歩く

     無口だけど 愛くるしい横顔は永遠のようだ


     あなたの知らない人はすこし早足で

     ギュッと繋いだわたしの手をひく


     終わらない恋をしている
     そんな気持ちを ありがとう

     まばたきの数 キラキラの数
     数えよう 二人で

     そんなわたしの昼下がり







     ねぇ 知らなかったでしょ

     わたしはいま たくさんの幸せを手にしているのよ


     ねぇ もっと悲しくなっていいから

     どうか わたしを思い出して




     グンナイ ボーイ

     そのままでいて


    
     そして月日はすぎてゆく

     悲しみに明け暮れ  わたしは今日

     この風に誘われて走り出す



     あなたの知らない人をたくさん傷つけて

     あなたの知らない泣き顔を見せた

     あなたの知らない人

     わたしもまだ知らないことだらけです


     あの星の罪ほど  愛し合いたい


     あなたとの約束は とっくに破れているはずなのに

     いつも思い出は わたしの体内へ染み渡ってゆく



     そしていつの日か  心までさらってゆくのね



     ラン  ラン  ラン



     そのうちわたしは眠くなって


     目覚めたら


     あなたの知らないあなたがいるの

     
     さぁはやく 背を向けている
     わたしを抱きしめて




     きっと変わらないこと

     わたしはいつも信じているよ



     また同じ日を繰り返してしまうのかな





     その晩 月は泣き止まなかった

     翌朝の太陽は 困り果てる





 
    玄関先に貝殻を並べた

     長靴と洗濯物

     レインボウとしずく

     その先に光る  空のツブツブ


     これは魔法だと思うわけ


     青白い空  おなじく雲

     ながれるスピードに釘付けな人



     すきだよ



     オハヨウ ベイベー



     そう あなたの知らない人と暮らし始めたの


     あなたの知らない人を毎日想っているの


     あなたの知らない日常が始まった


     ごめんね

     あなたの居場所はもうないのよ


     わたしは言う

     サヨナラ


     側にいてあげる


     あなたに言う

     
     おかえり



     大好きなのと言いながら

     これまで分とこれから分の

     100万粒の涙をふいた




     貝殻を握り締める

     チクチクと手に感じる痛みをふりはらう



     ライク ユー



     わたしは今日も

     キスで迎えるわ

     
     
     
purple 01:42 comments(0)
わたし一人 世界は一つ
 

        
        ぐるるん と せかい

    わたしは何百周かの旅をかさねる


    人だかる街も

    夢を見た草原も

    ナキムシを連れて歩く夜も


    なんだって一人でできるんだ


    わたしのことを好きになってくれた人


    どうもありがとう


    
    地球の裏側にいたとしても

    あなたが宇宙へ旅立ったとしても

    あいしていますとも
chairo 01:28 comments(0)
past me future
 


     あなた以上いないと 言い切ってしまえばすむ話ですが

     ここのところ わたしは体調がすぐれません

     毎朝 あなたとの思い出を記憶の隅っこに追いやる努力をします


     ひっそりと暮らし始める
    
     もやもやと渦巻くきもち

     
     ああ今も

     大嫌いだけど いちばんすきだ


     
     そんなのはきっと どうだっていいんだけど
     ちょっと言ってみたくなるだけなのです


     やんわりと手をつなぐように

     ナマあたたかい息をする

     鈍感ではいられない

     こんな季節は なんてやっかいだろう


     愛しいとおもう

     悲しいとおもう

     雨が降るような気がした


     雪がつもる日もある

     雲が流れてゆき

     今この瞬間に

     ボタン一つで 虹をかけることが出来たなら
   
     あなたは喜んでくれるかしら
 


     朝をむかえ いつものようにコーヒーをいれるふり
     

     

     ねえ きっと思い出すんだ

     あなたをきっと思い出すよ
   
     いちばんに 思い出してしまう
kiiro 00:59 comments(0)